USR_TITLE

福富町の魅力

広島県東広島市福富町は、広島県の中央付近にある緑豊かな田舎町。
東広島市で最も標高が高い「鷹ノ巣山(標高922m)」を中心に濃い緑の山並みが連なり、
そこから流れ出る澄んだ水は「名水」と評価を受け、日本酒の仕込み水としても用いられています。
その水と、真夏でも夜になると肌寒いほどの涼しい気候によって、お米も野菜も美味しく育つ環境に恵まれた土地です。
鷹ノ巣山頂近くにあるブナの森は原生林と考えられており、「鷹ノ巣山ブナ植物群落保護林」として保護されてきました。
5月中旬から5月下旬にかけて毎年解放される「クロボヤ峡」はホンシャクナゲの群生地で美しい淡いピンク色の花を見ることができます。

広島市内から車で約1時間、東広島市の中心市街地まで車で約30分。
広島県のほぼ中央に位置する東広島市の福富町には、赤瓦と白壁の民家、みどり豊かな美しい田園風景が広がっています。
自然環境と地下水を活かし酪農家やパン工房など自然を生かしたスポットが数多くあります。
子供が遊ぶ遊具が充実した人気の道の駅「湖畔の里 福富」があり晴れた日のドライブにはもってこいの地域です。